子どもの不眠・睡眠不足を解消する3つのポイント

公開日: : 睡眠障害の改善策について

子供の不眠・睡眠不足が増えている

最近、お子様の不眠症状が気になるという保護者の方が増えてきました。

日本では、大人の方でも、重度の不眠障害に悩まされているという方も多いですが、お子様の不眠・睡眠不足も、現代では非常に大きな問題となっています。

幼児の不眠・睡眠不足も増えていますが、10代の方など、思春期を迎える時期のお子様も、不眠・睡眠不足に陥りやすい傾向にあります。

特に受験期は、夜遅くまで受験勉強をする子や、ストレスで疲れを感じて眠れないというお子様、思春期特有の不安や強迫観念などに苦しみ、不眠障害を抱えてしまうという方も多いです。

子供の頃の不眠・睡眠不足は、後々まで影響してきてしまいますし、癖になってしまいがちなので、早めに対策をとっておく事が必要です。

ポイント1「ストレスを解消させる」

保護者の方の中で、お子様の不眠・睡眠不足にお気づきの方でしたら、お子様が何か大きなストレスや悩みを抱えていないかどうか、是非様子を伺ってみて下さい。

休日などをご利用して、お子様が気分リフレッシュできるように、お出掛けに連れていったり、家族で外食に行かれるなど、家族団らんを楽しむ機会を作ってあげるといいでしょう。

ポイント2「夜更かしを治す」

最近は、電子機器を使って遊ぶお子様も増えてきました。

スマートフォンやパソコンなどの機器さえあれば、ご自宅でも十分遊ぶ事が可能となってきています。そのため、夜遅くまで、ゲームやSNS、携帯で遊ぶお子様も少なくはなく、夜更かしが習慣になってしまっているような方も多いです。

そのため、まずは夜更かしの習慣を治す事から、お子様の不眠・睡眠不足を解消していく事もすすめられます。

ポイント3「昼夜逆転の生活を正す」

お子様の中には、昼夜逆転の生活に慣れてしまっている子もいらっしゃいます。

朝遅くまで寝ている代わりに、夜に活動的になるという生活は、身体のリズムを狂わせてしまいます。

本来、健康的な生活というのは、早寝早起きの生活です。日中は日光を適度に浴び、夜は早いうちに就寝するというリズムが理想です。

このような生活リズムを作る事で、不眠・睡眠不足とも無縁になっていきます。

お子様が昼夜逆転の生活をしていないかどうか、今一度確認してみましょう。

関連記事

no image

不眠症で病院へ行くなら何科?

精神的な事が原因の不眠症なら心療内科 不眠症の原因には、様々なケースが感がられますが、現代人に多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
高齢者の眠りが浅くなるのはなぜ?

レム睡眠とノンレム睡眠 人の睡眠の質を決めるのは、ノンレム睡眠とレム

no image
幼児に起こりやすい睡眠障害

現代は幼児の睡眠障害が問題になっている 日本は、国際的に見ても、不眠

no image
子どもの不眠・睡眠不足を解消する3つのポイント

子供の不眠・睡眠不足が増えている 最近、お子様の不眠症状が気になると

no image
不眠症で病院へ行くなら何科?

精神的な事が原因の不眠症なら心療内科 不眠症の原因には、様々なケース

→もっと見る

PAGE TOP ↑