幼児に起こりやすい睡眠障害

公開日: : 睡眠障害の症状について

現代は幼児の睡眠障害が問題になっている

日本は、国際的に見ても、不眠大国だと言われています。

過労で眠れなくなる人、ストレスや鬱の症状として、不眠を誘発してしまう人など、大人の方に、睡眠障害は多く見られています。

しかし、最近では、幼児の睡眠障害も問題に挙げられています。

30年前に比べると、幼児の睡眠障害率は高まってきています。

幼児の睡眠障害は、後々の成長にも大きく影響してきてしまうため、好まれません。幼児期に睡眠障害を抱えてしまっていると、学力が低下してきてしまったり、鬱傾向、肥満などの症状が出てきてしまう事がありますので、非常に危険になってきます。幼児の睡眠障害は、できるだけ早めに処置していく必要があるのです。

睡眠障害に挙げられる例

幼児の睡眠障害の特徴には、どんな点が挙げられるのでしょうか?

例えば、夜中に3回以上夜泣きをしてしまうケースは、明らかな睡眠障害に挙げられます。

このような傾向が日常的に続いてしまう場合には、保護者の方は異常を察知していく必要があります。

そのままにせず、睡眠障害を疑ってみるといいでしょう。

なぜ幼児の睡眠障害が多発しているか

幼児が睡眠障害になってしまう原因には、複数の原因が考えられますが、よく挙げられるので、生活習慣の大きな乱れです。

通常、幼児が夜になると眠気を感じるのは、メラトニンが正常に分泌されるからです。

この「メラトニン」という物質が正常に分泌されていないと、幼児はそれだけ睡眠障害を起こしやすくなってしまうのです。

メラトニンというのは、適度に日光を浴びたり、バランスのいい食生活を送ったり、規則正しい生活を送る事で養われていきます。

もしも睡眠障害が疑われる場合には、お子様の生活が大きく乱れていないかどうかを考えてみるといいでしょう。

関連記事

no image

高齢者の眠りが浅くなるのはなぜ?

レム睡眠とノンレム睡眠 人の睡眠の質を決めるのは、ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが決め手となりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
高齢者の眠りが浅くなるのはなぜ?

レム睡眠とノンレム睡眠 人の睡眠の質を決めるのは、ノンレム睡眠とレム

no image
幼児に起こりやすい睡眠障害

現代は幼児の睡眠障害が問題になっている 日本は、国際的に見ても、不眠

no image
子どもの不眠・睡眠不足を解消する3つのポイント

子供の不眠・睡眠不足が増えている 最近、お子様の不眠症状が気になると

no image
不眠症で病院へ行くなら何科?

精神的な事が原因の不眠症なら心療内科 不眠症の原因には、様々なケース

→もっと見る

PAGE TOP ↑